読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バレンタインデーに向けて2。

新緑も目覚めんとするうららかな昼下がり。

 

カウンターにはオオカワ選手とノゾミ選手。

 

f:id:naoki1221:20170131215014j:image

 

オ「・・・・・・」

 

ノ「・・・・・・」

 

オ「・・・・・・」

 

ノ「・・・・・・」

 

共に働く仲間。

 

すでに言葉のやりとりなど必要ありません。

 

こんな穏やかな昼下がり

 

和やかな空気が2人を包みます。

 

ノ「あの、、、」

 

オ「はい。」

 

ノ「直樹さんて」

 

オ「はい。」

 

ノ「化粧水とか付けてますか??」

 

オ「いや、つけてないっす」

 

ノ「、、、、そうですよね。」

 

オ「・・・・・・・」

 

ノ「・・・・・・」

 

穏やかな日々です。

 

化粧水の話が不意に出てくるくらいには和やかムードです。

 

所変わって先日

 

オオカワ選手にはとても可愛い彼女がいます。

 

彼女選手「ねぇねぇ」

 

オオカワ選手「はい。」

 

彼女選手「粉吹いてる」

 

オオカワ選手「はい。」

 

オオカワ選手「。。。はい??」

 

彼女選手「粉吹き芋みたい。」

 

 

 

 

 

 

粉         吹         き           芋       ?!

 

 

腹でも減ったのか彼女よ。

 

どうみたら僕を

 

f:id:naoki1221:20170131220159j:image

 

こんなマッシュなものと間違えるんだ。

 

オ「芋に似てる??」

 

彼「ううん、ほっぺ。」

 

オ「(ほっぺ??)」

 

彼「見てみ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

粉 ふ い て る

 

 

 

 

粉吹いてました。

 

 

あの時のノゾミ選手もきっとこれを伝えたかったのでしょう。

 

 

芋が粉吹きながら春の訪れを感じている時に

 

ノゾミ選手はオオカワの芋っぷりを密かに嘆いていたのです。

 

( ͡° ͜ʖ ͡°)「この人粉吹いてる」

 

 

 

オオカワ粉吹いたまんまじゃいけません。

 

 

美容師ですから。

 

ツヤツヤしてなけりゃなりません。

 

 

f:id:naoki1221:20170131220918j:image

 

 

オオカワ芋は卒業です。

 

 

立派な大豆になります。